ウクラン®開発経緯

2017年12月発案者から「思い」とサンプル持ち込み
2018年2月~商品化に向けた打合せ、デザイン案スタート
2018年9月~国内でサンプル製作スタートしたが中断
2019年4月~デザイナー参加により、サンプル製作再スタート
2020年3月~中間サンプルにおいて、浮力テスト等を実施
2020年4月~浮力テスト等の課題解決に向けデザイン修正
2021年4月~最終サンプルを使用してプール、湖で実験
2021年5月~プール、湖実験を元に、デザイン修正し最終仕様決定
2022年4月新型コロナウイルスの影響により、納期が大幅に遅れて完成品入荷

ランドリュックの持ち込み

ランドリュックの持ち込み

ライフジャケット型への展開

ウクランライフジャケット型

フェーズフリーという考え方

身のまわりにあるモノやサービスを、日常時はもちろん、非常時にも役立てることができるという考え方、それが『フェーズフリー』です。

防災用品のほとんどは、ふだんはしまっていて、非常時のみに取り出して使うものです。
フェーズフリー品はちがいます。フェーズフリー品は日常時のいつもの生活で便利に活用できるのはもちろん、 非常時のもしもの際にも役立つ商品・サービス・アイデアです。

一般社団法人フェーズフリー協会より抜粋

フェーズフリーという考え方

カブセかぶり型

ウクランかぶせかぶり型

プール実験「ToBio(トビオ)」

プール実験
浜松ライフセービングクラブの指導のもと、浜松市西区にある、古橋廣之進記念浜松市総合水泳場「ToBiO(トビオ)」でプール実験
プール実験
小学生、ご父兄のご協力を得て、水着でなく普段着、運動靴着用のまま、実際の登下校に近い状態で実施

湖実験「三ヶ日青年の家」

浜名湖実験
浜松ライフセービングクラブの方に全面協力で、実際の使用環境に近い、浜名湖でも実験
浜名湖実験
プールと違い、塩水、波の影響などによる使用状況を確認し、製品の改良に反映